スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

今年もピアノの季節がやってきました



今年もピアノの季節がやってきました。


あ、普通ピアノに季節は関係ありませんが(そりゃそうだ)、
年に1回コンクールに挑戦する我が家の娘たちにとって
夏休み前のこの時期は1年の中で最もピアノをたくさん弾く時期なのです。






毎回やる気満々で努力家の姉(小6)と
毎回やる気ゼロで気まぐれ屋の妹(小4)。






そんな二人を褒めたりおだてたり励ましたり


すいません、ウソです。


ホントは怒ったり罵ったりどついたりしながら、
毎日ピアノに向かわせてきました。






そして今日がコンクール本番。






今年は一人一人で出場するソロの演奏と
二人で出場するデュオ(連弾)の演奏の
計3部門に出場しました。





昨年初めてソロで予選を通過した姉は
今年もソロでの予選通過と本選での入賞が目標。



毎年ソロではガチガチに緊張してミスを連発する妹は
今年こそ緊張せず普段の演奏をすることが目標。



デュオは今年はランクを上げての挑戦となるため、
出場者はかなりのピアノ上級者ばかり。



なので予選通過など夢のまた夢、
今年はとにかく経験を積むことが一番の目標です。






・・・のはずだったんですが



結果は




まさかまさかのデュオの予選通過。


彼女達の演奏のどこが良かったのかさっぱり分かりませんが(ひどい)、
とにもかくにも8月にある地区本選にコマを進めました。




で、妹のソロはというと、
自分の前に演奏した子が自分以上にガチガチに緊張してミスを連発してるのを見て
「なんや、私の方が全然上手いやん」とリラックスして弾いた結果、
予選通過とまではいかないまでも奨励賞をいただくことができました。




そして・・・



一番予選通過が手堅いと思われた姉のソロでしたが・・・



彼女の演奏自体は悪くなかったのですが
普段の演奏に比べ伸びやかさがなく、
他の出場者のレベルが高かったこともあって、
予選通過はおろか奨励賞にも引っかかりませんでした。



本人曰く、
「一回賞を取ってから緊張するようになった」と。




う〜ん、小6にして「欲」の怖さを経験するとは・・・。








コンクール終了後
今まで姉より良い結果だったことがない妹が
姉の神経を逆撫でするような発言を連発。


「予選通過できなかったのは残念だったけど、何も賞がないよりはマシでしょ?」


「私は今日は緊張せずに弾けたよ。お姉ちゃんは?」




と、どこまでも姉を怒らせたい妹。


そんな挑発に乗るものかと
ひたすら無視を決め込む姉。





あの〜、お取り込み中すみませんが。





明日からデュオの本選に向けて
仲良く練習に励まないといけないんですけど・・・。








我が家の暑いピアノの季節はまだもう少し続きそです!













at 22:28, e da maruim, 子供のこと

comments(2), trackbacks(0), - -

天然とパート



私が仕事(パート)を始めてはや半年。


毎日がバタバタと過ぎていき、気がつけばもう年の瀬。


今日が年内最後の出勤でした。







年の瀬が近づくにつれ仕事が一段落し
長期の休みに入るパートさんが多い中、
むしろ仕事が増えてるような気がする私。


最終日の今日も19:00まで仕事をしてきました。


(ちなみに定時は14:00時)







疲れ果てて帰った私に
上の娘(天然)がそっと手渡してくれた一枚の絵。
















そして優しい思いやりの一言。





「これを机に貼っておけば早く帰らせてもらえるかもよ。」







うん、うん、そうだね・・・ってそんなワケあるかぁ〜!!







彼女の中の”パート像”って一体・・・。













at 23:37, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

天然とサンタクロース



”うちの天然”こと上の娘(小5)は
11歳になった今もサンタさんを信じるピュア・ガールです。


けれど、
高学年になればなるほど
サンタさんの存在を疑うか
もしくはサンタさんの正体を知っている、
という子供が増えてくるもの。


彼女のクラスにも
「サンタさんはお父さんかお母さんやねんで。」
などと言い出すクラスメイトが少なからずいるようです。


そんなクラスメイトに対してうちの天然は





「子供なのにサンタさんとか魔法とかそういう不思議な存在を信じられへんって可哀想じゃない?」





と、どこから目線なのかよく分からないお言葉を発せられます。






とは言うものの


私から何も話さなければいくつになってもサンタさんを信じていそうな上の娘。


いつまでも夜中にプレゼントが届くことを夢見られては困る、
というワケで、我が家では


「うちがサンタさんにプレゼントを頼んでるのは10歳まで。
11歳からはお父さんとお母さんからあげるからね。」


と、いうふうに言い聞かせてきました。


なので彼女がサンタさんからプレゼントをもらえるのは去年まで。


今年からは上の娘の枕元にサンタさんはやってきません。










さて、クリスマスが近づいたある日のこと。


8歳の下の娘(小3)が
「今年はサンタさんに何を頼もうかな〜♪」
とウキウキ顔で話していると
それを隣で聞いていた上の娘が


「いいな〜、サンタさんからプレゼントもらえて。」


と羨ましがりました。


それを聞いて


「何で?あんたにはお母さんが買ってあげるやん。
欲しいものもらえるんだから一緒でしょ?」


と私が言うと、上の娘は






「えー、サンタさんからもらう方がいいやん。
だって、お母さんが買うと家のお金が減るやろ?
サンタさんは魔法でお金を作れるんやから、高いもの頼んでも平気やん。」






えっ!?


ちょっと耳を疑う私。


サンタさんや魔法を信じる”夢見る少女”のくせに意外と打算的。


ピュアだと思っていた天然娘の中に
一点の曇りを見た、そんな出来事でした。






ま、


何はともあれ・・・









メリー・クリスマス!!
















at 16:43, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

天然と宗教



家で電話をしていると玄関から来客を知らせるピンポンが。


手が離せなくて上の娘(小5)に出てもらうように頼みました。


 ピンポンしてきたのは宗教団体の勧誘の人。


以下、勧誘の人(宗教)と上の娘(天然)とのやりとりを
本人談から再現したものです。




・・・・・・・・・・・・・・・




宗教:「神様はいると思いますか?」


天然:「はい、いると思います。」


宗教:「どうしていると思いますか?」


天然:「私が生きているから」


宗教:「全くその通りです。学校では人はサルからできたと習うと思いますがそれは違います。人は神様が作られたのです。」


天然:「はぁ・・・」



その後
勧誘の人は上の娘にリーフレットを手渡して帰ったそうです。




・・・・・・・・・・・・・・




勧誘の人が帰った後、彼女の言った言葉。


「”その通りです”って言われたとき”よっしゃー!正解した!”って思ったわ。」


(クイズかよ!)


「でもサルから人間ができるワケないやん。学校でそんなこと習ったこともないわ!」


(勧誘の人、進化論の説明雑すぎ!)




だいたい


未だにサンタさんを信じている人間に
「神様を信じますか」って質問すること自体間違ってるような・・・


それにしても上の娘の神様がいると思う理由
「私が生きているから」が
ミョーに深くてすごい。


ある意味哲学的。


恐るべし、天然。






とても興味深い天然vs宗教の対決。


結果は
絶妙に噛み合ない会話の応酬だったとさ。


めでたし、めでたし。






















at 22:18, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

かまぼこ工場の工場見学

 

今日は下の娘(小3)の校外学習の日。


かまぼこ工場の工場見学に行ってきました。


ずっと前からこの日を楽しみにしていた下の娘は
帰ってくるなり工場見学の話をしはじめました。






「材料は袋に10kgずつにわけて入っててな、
それが全部で100袋あるからつまり1tの材料が置いてあんねん。
材料の入った袋はピンクとか黄色とか目立つ色の袋に入ってて、
それは間違って袋ごと入れてしまわないように配慮してあんねん。」




とか、




「かまぼこはな、2回に分けて蒸すねん。
最初は低温で、2回目は高温で蒸して、それからすぐに冷却するねん。
すぐに冷やすのは菌の発生を抑えるためやねん。」




といったふうに、
やたら詳しく細かく話をしてくれました。





きっと工場の人の話を一言も聞き漏らすまいと思って
一生懸命聞いてきたんだな〜、と感心しました。






・・・となると
思い出されるのが2年前のちょうど今頃。


そう、それは上の娘(ただ今小5)のかまぼこ工場見学の日の、
「工場で見て来たことをお家に人に説明する」という宿題に
悪戦苦闘する上の娘の姿です。




2年前の回想


過去の記事はコチラから → (★)





2人を比べるつもりはないけれど
でもどうしたって思ってしまう、こんなこと。






「同じものを見てきてなぜこうも違う?!」






・・・





妹の工場話を聞いて


「そうそう、確かそんなんやったわ〜」


と、先輩風を吹かせている上の娘に
ちょっと白い目を向けてしまう母でした。













at 23:44, e da maruim, 子供のこと

comments(2), trackbacks(0), - -

秋の一コマ

 


今日の我が家の晩ご飯。








鶏ごぼうご飯
サンマの塩焼き
コンニャクの田楽
お味噌汁



押しも押されぬ庶民の秋の食卓です。


今日の一コマはこの秋の食卓から。







何かと特異な感性を持つ下の娘(小3)。


過去に見せた驚きの感性はコチラから → (★)


今日はサンマを見てこんな発言。







・・・「鋭い」って


そこ美味しさのポイント?








コンニャクの田楽を食べながら
子供のころお祭りで食べたコンニャクを思い出した母。


(ルーレットをまわして当たった数だけ食べられるヤツ)


懐かしいな〜なんて思いながら


「でもあれってほとんどお金を捨ててるようなもんやけどね。」


と私が言うと、下の娘。






は・・はい、おっしゃる通りです。








こんな秋の一コマ・・・・・・Priceless











at 00:36, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

ピティナ・ピアノコンクール

 

今年も娘たちのピアノコンクール挑戦の季節がやってきました。


毎年「いい刺激と少々のレベルアップ」を目的に
コンクールへ出場してきましたが
今年の上の娘(小5)の賞へかける意気込みはなかなかのもので、
親の目から見ても「頑張ってるな〜」と感心してしまうほどでした。


昨年はデュオ(連弾)で賞を取ることができましたが、
「やっぱりソロで賞を取りたい!」
と、今年はソロにしぼっての出場です。


そして先日の地区予選。


頑張りの甲斐あって上の娘は見事予選を通過しました。








ソロでの出場3回目、
他のコンクールも合わせると5回目で
やっと日の目を見ることができました!


お世辞にも才能やセンスがあるとは言いがたい上の娘の
やる気と努力で勝ち取った賞だと思います。


そして副賞のピカピカ金色に輝く盾。


この盾の持つ威力といったら!


いつまでも手に持ってニヤニヤ眺めている上の娘。


そんな娘を見てウルウルしている母。






・・・と、ここで






何か忘れていることにお気づきの方。


そう、それは下の娘(小3)でございます。


彼女もソロで出場いたしましたが
ガチガチに緊張していた下の娘は普段しないようなミスを連発。


結果はあえなく撃沈。


しかも姉だけ賞をもらえたことに不満タラタラ。


見事にへそを曲げてしまいました。


私はあんなに見事にへそを曲げられる人を他に知りません。





「お姉ちゃんは賞をもらえたのに私はもらえないのはなぜ?」





と幼稚園児並みの発想で文句を言う下の娘。


そんな彼女が日の目を見る日がいつかは訪れるのでしょうか・・・













at 22:26, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

手提げ袋づくり

 

一昨日、昨日と自然学校の代休だった上の娘(小5)。


「せっかくのお休み何して過ごすの?」


と尋ねると


「お出かけのときに
ハンカチやティッシュを持ち歩けるような
手提げ袋を作りたい」


との返事。


内心「面倒くさいな」と思いましたが、
久しぶりの母娘2人だけの時間、
前向きに手伝ってやることにしました。









手際は悪いものの、
学校で裁縫の授業がはじまっただけあって
なかなか意欲的に取り組む娘。


2日間でなんとか完成させることができました。


そんな上の娘の意欲作がコチラ。











結構シンプルで私好み。















ちゃんと裏地もつけました。
















玉結びがチラッと見えているのはご愛嬌。


目は粗いものの、
すべて手縫いの波縫いでがんばりました。







ところが。







この作品はこれで終わりではありません。








彼女はこれにどうしてもアップリケをつけたいと申します。


「やめときなさい。」という私の助言に耳を貸さず
彼女が施した衝撃のアップリケがコチラ。











マ〜リオ〜!


(ピーチ姫風)








クリボーのアップリケなんて今どき売ってるのね。





いやいや、そんなことよりもその手提げ、
本当にお出かけに持って行くつもりなんでしょうか。


マリオのアップリケつき手提げ袋を持ち歩く小5女子。


そんな子を街で見かけたら
目が釘付けになってしまうかも・・・。















at 22:58, e da maruim, 子供のこと

comments(2), trackbacks(0), - -

お帰りなさい

 

昨日、上の娘(小5)が自然学校から帰ってきました。


帰って来たその日は疲れて顔に覇気がなく、
夜8時には「もうこれ以上起きてられない」といったふうに
深い眠りの国へと旅立って行きました。


そして今日はたっぷり昼前まで
ゆうに15時間は寝ていました。


その姿はまさにこんな感じ。








自然学校では「よく寝れた」と話していましたが、
それでも激しく疲れが残っているようです。


今日に引き続き明日も代休で学校がお休み。


ゆっくり疲れをいやしてね。










そして下の娘(小3)。


自然学校3日目あたりから


「お姉ちゃんがいないと
お手伝い一人でやらなきゃいけないしぃ〜
お風呂も一人で入らなきゃいけないしぃ〜
寝る時も一人で寝なきゃいけないしぃ〜
なんかめっちゃ腹立つ」


と言っていました。


そんな姿を見て


「素直に”お姉ちゃんがいなくて寂しい”って言えばいいのに」


と思う母。


ちなみに今日はいつもよりも
お姉ちゃんに優しかったような気がします。












at 01:14, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

おとぼけ勘違い集

 

うちの下の娘(小2)は
すました顔して案外 ”おとぼけキャラ” です。


特に彼女の「言葉の勘違い」はなかなか名作ぞろいです。


例えば先日の記事にも書いた、童謡「もみじ」の歌詞
「かずあるなかに」を「カジュアルなカニ」
と勘違いしたのもその一つです。


今日はその名作の中からいくつかをご紹介したいと思います。








空手の稽古中、先生が組手の蹴りについて説明していた時のこと。


「これはあくまでもフェイントの蹴りで、相手のガードを下げさせるのが目的です・・・」


説明が終わった後、こっそり私に近づいて来た下の娘。


そしておびえた顔で私にこう尋ねました。


「なぁ、どうして急に悪魔がでてきたん?
”悪魔の蹴り”ってどんなんなん?」


うーん、”悪魔の蹴り”。


それはなかなか強そうな蹴りだこと。








それから
空手の組手のポイントについて説明をしていた時のこと。


組手のポイントには「有効」「技あり」「一本」の3種類があって
それぞれ攻撃の有効性から得点が違うということを教えていると
ちょっと照れ笑いを浮かべて聞いている下の娘。


そして恥ずかしそうにこう言いました。


「私 ”技あり” を ”ひまわり” って思ってた。」
”ひまわり”、”一本”はわかるけど ”ゆうこう” って何やねん、って。」


うーーん、”ひまわり”。


なぜ空手にお花が出てくる・・・








最後も空手にまつわる話から。


試合のトーナメント方式について説明していた時のこと。


「試合で入賞した子は、次の試合でシード権がもらえるよ。
あなたは去年の試合で準優勝したから、たぶんシード権がもらえるはずよ。」


という私の説明にものすごく喜ぶ下の娘。


「すっごく楽しみ〜。」


彼女の過剰な反応に若干「?」な私。


「どんなシーフードもらえるんやろう〜♪」


え?


シーフード?


ってことは、こんなのもらえると思った?




うーーーん、”シーフード券”。


残念ながらそれはもらえません。








こんな感じでおとぼけな勘違いの多い下の娘。


彼女の今後の活躍に期待します。


(ブログネタとしてね)
















at 23:10, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -