<< 子供部屋、ちょこっと改造 | main | 今年もピアノの季節がやってきました >>

NEW メガネ




10年以上ぶりにメガネを新調しました。



新調したメガネがコチラ。










このメガネ、
子供用眼鏡ばかりを取り扱う「キッズメガネ専門店」で購入しました。



顔幅が少し狭めの私は
普通の大人のフレームではぶかぶかなものが多く、
今までのメガネは顔にフィットさせるために
「つる」の部分を大幅に変形させて
耳でムリヤリ固定させてかけていたのです。



けれど、それではどうしても耳の後ろに負荷がかかり、
長時間かけていると頭痛や肩こりの原因になっていました。



最近仕事でメガネをかけている時間が増えたので、
今回新調するにあたって「顔のサイズに合うメガネ」というのが
メガネ選びの最重要ポイントでした。



そこで思いたったのが「キッズメガネ専門店」。



「子供用ならもしかして自分に合ったサイズがあるかも!?」と思い、
勇気を出して一人ポップでファンシーなお店に入って行きました。






今どき「子供用」と言ってもなかなかどうして
あなどれませんね。



豊富な色・デザイン・サイズ、どれを取っても大人顔負けです。



むしろ
子供が使用することを考えて
軽さ・衝撃への強さ・フィット感にこだわって作られているため、
お値段は大人用より高いくらいです。






フレームをどれにするか決めた後、
専門の眼鏡士さんが眼の検査をしてくれました。



”ショップ店員”風なチャラい風貌と
子供に話しかけるような馴れ馴れしい口調が気になりましたが
まあその辺は「キッズ専門店だからしょうがない。」



見た目はチャラくても検査はきちんと丁寧にしてくれましたよ。



そのおかげで
最近眼を酷使しているわりには視力は落ちていないこと、
もともと両目乱視だったのが、右目の乱視は矯正されていること、
今までのメガネは度が入りすぎていて疲れやすかったこと、
などが分かりました。







丁寧な検査に気を良くした私は
最近気になっていた「あのこと」について聞いてみることにしました。



「あのこと」とは・・・・・そう、老眼。



「あの〜、最近、近くのピントが合いにくくて・・・これって老眼ですか?」



と思いきって聞いてみる私。



すると眼鏡士さん、



「じゃあちょっと検査してみましょう。」



と言った数秒後、ハッとした顔で



「あっ!すみません、この店、検査用具置いてないんでした・・・」



しまった。



気まずい空気が流れる店内。



そりゃそうだ。
だってここは「キッズメガネ専門店」。



老眼の客など来やしないもの。



すみません、聞いた私が悪かった。



・・・だけど



目の前の客が自分よりだいぶ年上だと分かったとたん
タメ口から丁寧語になるのはやめてほしい。








気を取り直して
お店の「お客様カード」に顧客情報を記入していたときのこと。



生年月日を書こうとした瞬間、思わず「あっ!」。



年号が「平成」しかない!



そりゃそうだ。
だってここは「キッズメガネ専門店」。



昭和の客など来やしないもの。



すみません、すみません、と何度も謝る店員さん。



いいえ、あなたはちっとも悪くない。



・・・だけど



謝られれば謝られるほど惨めな気持ちになるのを察してほしい。








メガネが完成して
さて支払いをしようかという時。



店員さんが申し訳なさそうに



「すみません、当店ではメガネお買い上げのお客様に
メガネケースをお付けしているのですが・・・」



ん?なぜ謝るの?



理由はすぐに分かりました。



店員さんがカウンターの上に並べたメガネケースたち。



どれもこれもめちゃくちゃカラフル&ポップ!



「お客様の好みのものがあるかどうか・・・」



好みのものがないからといって
もはや文句などあろうはずがありません!



だって誰がなんと言おうが
ここは「キッズメガネ専門店」。



にっこり笑って一つ手にとり



「じゃあこれにします」











こうして、無事私は10年ぶりにメガネを買い替えることができました。



めでたし、めでたし。













at 15:18, e da maruim, できごと

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 15:18, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://edamaruim.jugem.jp/trackback/410