<< ちょうちょの影法師 | main | まつ毛の話 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

久しぶりの庭仕事

 

今日は久しぶりに庭仕事をしました。


夏の間ほとんど放置状態だったうちの庭。


伸びに伸びた枝葉を切ったり
あちこちに生えてきた雑草を抜いたりしました。








まだ夏のような暑さが残る天気でしたが、
葉っぱをバッサバッサと切りながらふと足下に目をやると
秋の成長期にむけて草木が花や新芽をつけていることに気がつきました。




           
     


                  



こういう変化の兆しを見つけると
暑さを忘れいつまでもかまっていたくなるから不思議です。


「やっぱり秋は来ているんだな」と
新しい季節の訪れを感じる一コマでした。






新しい季節、そして新学期。


新学期が始まると
私が世話しなくてはいけないものがもう一つ。


そう、それは「たまごっち」。







新学期が始まるときに


「『学校に言ってる間、たまごっちのお世話して下さい、お願いします』
って言わなきゃお世話してやんないっ!」(←大人げない)


と娘たちに言ってやったので


「行ってきま〜す。お母さん、たまごっちのことよろしくお願いします。」


というのが最近の娘たちのお出かけ前の口癖になってしまいました。







娘たちは今朝もそう言い残して学校へ向かったのですが・・・


私が庭仕事を終えて家に入ると・・・







ガーーーーン!


い、家出してるっ!!


よく考えたらムダに長く新芽を眺めてたので
軽く2時間は庭に出てたかも・・・


その間、たまごっちは完全放置状態。


たまごっちからの置き手紙の


「かまってくれなくてさみしかった」


のフレーズがやけに胸に突き刺さる、
そんな切ない秋の一コマでした。








at 22:50, e da maruim, 庭のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 22:50, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:トラックバック機能は終了しました。