アレンジで置き場が狭くなった小物トレイ

 

 

ちょっとクラシカルなデザインの小物トレイに

アジサイのアレンジを加えました。

 

 

 

 


もともと広くないトレイにアレンジを施したので

小物を置ける場所がさらに小さくなってしまいました。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アレンジで置き場が狭くなった小物トレイ
ヨコ約15cm×タテ約12cm
900円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


指輪や家のカギくらいなら置けるかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 15:48, e da maruim, アレンジメント

comments(0), trackbacks(0), - -

グリーンとホワイトのアジサイリース

 

 

アジサイとモスだけを使った

シンプルな単色リースが2つ出来上がりました。

 


グリーンの方はピラミッドアジサイ、

ホワイトの方はアナベルのプリザを使っています。

 


シンプルなリースに似合うように

タグもデザインしました。

 

 

 

 


こえだ社のシンボルマークのリスが入っていますが

これは何も「リースだからリス」とか

そういうダジャレ的なことではなく

つけたままでも飾っていただけるように

店名ではなくマークを

という思いで入れさせていただいています。

 


決して「リースだからリス」じゃないですよっ!

 


えぇ、決して。

 


ーーーーーーーーーーーーーーーー
アジサイとモスのリース(グリーン)
直径 約20cm
3,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーー
アジサイとモスのリース(ホワイト)
直径 約15cm
2,000円
ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

でもホントはちょっと...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 21:03, e da maruim, アレンジメント

comments(0), trackbacks(0), - -

グラデーションを愉しむ 大人のアジサイリース

 

 

アジサイの持つ

自然のグラデーションの美しさを活かしたアレンジを

作りたいと思って作ったら、

こんな個性的なリースが出来上がりました。

 

 

 

 

 


リースに使っているアジサイ部分は

一輪のアジサイのプリザで作っています。

 


ミッドナイトブルーからグリーンへの変わる境い目の色合いに、

わたくし、とってもゾクゾクします。

 

 


ーーーーーーーーーーー
グラデーションを愉しむ
大人のアジサイリース
直径 約25cm
4,500円
ーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 

 

at 13:30, e da maruim, アレンジメント

comments(0), trackbacks(0), - -

フーセンポピーとポアプランツのホワイトアナベルリース

 

 

アジサイのアレンジメント第二弾は

ホワイト系の単色リースです。

 


オフホワイトのアナベルに

フーセンポピーとポアプランツを合わせました。

 

 

 

 

 


単色リースはヘタをすると単調になりがちなので

とても配置に気を遣います。

 


ーーーーーーーーーーーーーーー
フーセンポピーとポアプランツの
ホワイトアナベルリース
直径 約20cm
3,600円
ーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

それから

 

 

アレンジメントを作る時は

私の中の乙女な部分を

必死で呼び起こして作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 14:22, e da maruim, アレンジメント

comments(0), trackbacks(0), - -

アジサイとコットンフラワーのリース

 

 

 

アジサイのプリザを使って。

 

 

まずは正統派のリースから。

 

 

 

 


素材がいいので

どんなものとも相性がよく、

とても作りやすかったです。

 


今回はコットンフラワーと合わせてみました。

 

 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
アジサイとコットンフラワーのリース
直径 約25cm
4,800円
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

せっかく(?)高価なプリザーブドフラワーを使っているので

写真も乙女仕様にしてみました。

 

 

 

・・・ちなみに

 

 

 

これを撮ってる私は黄色のジャージ姿です。

 

 

 

だって今日はバレーの練習があるからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 14:52, e da maruim, アレンジメント

comments(0), trackbacks(0), - -