天然モノの旬のネタ入りました!

 

 

 

「うちの天然」こと上の娘も

今日から高校生。

 

 

晴れてピチピチのJKになりました!

 

 

長らくネット規制がかかっていたスマホも

このたび規制を緩和。

 

 

LINEやインターネットも

好きな時に好きな場所で

できるようになりました。

 

 

 

 

そして最近

巷を賑わしているこの話題。

 

 

 

「アンジャッシュ渡部 & 佐々木希、結婚!」

 

 

 

「行列のできる法律相談所」を

なんとなく毎週見ている流れで、

この記事を見た次の瞬間には

娘たちに報告している私。

 

 

「ね〜、ね〜、渡部と佐々木希結婚するらしーよー」

 

 

そして帰ってきた天然の答えは

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

そんなドヤ顔で間違われても。

 

 

てか、ネットニュースにはなんと書いてあったのか?

 

 

「秒読み」と書いてあったのか?なかったのか?

 

 

・・・。

 

 

ま、いっか。

 

 

深く考えなくて、

いっか。

 

 

あなたはそれで、

そのままで、

いっか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 12:08, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

お久しぶりです、うちの天然

 

 

「うちの天然」こと上の娘も

早いもので中学3年生になりました。

 

 

 

ピッチピチの受験生です。

 

 

 

毎日机に向かい、

勉学にいそしんでおります。

 

 

 

 

 

 

そんな彼女の勉強の息抜きは

スマホのニュース速報から

最新情報(の見出し)をゲットすること。

 

 

 

とはいえ

 

 

 

娘たちのスマホには

アクセス制限がかかっているため

画面にニュースの見出しは出てくるのですが

詳しい内容まで閲覧することができません。

 

 

 

それでも

 

 

 

見出しから得られる情報は

上の娘の「事情通ぶりたい」

という欲求を満たすのに

充分な情報量なのでございます。

 

 

 

 

 

 

先日の夕飯時のこと。

 

 

 

上の娘が

 

 

 

「なぁなぁ、今年の紅白の司会決まったん知っとう?」

 

 

 

と切り出しました。

 

 

 

もちろん知っていましたが

続きを言いたそうな顔をしていたので

そのまま聞いていると

 

 

 

「嵐の相葉くんと有村架純やって!

さっきニュース速報に出てた!」

 

 

 

そして驚愕の一言。

 

 

 

   

 

 

えっ!

 

 

 

「マジで?マジで知らんの?」

 

 

 

すぐさま聞き返す私。

 

 

 

すると

 

 

 

「だって私のスマホ、本文読まれへんねんもん」

 

 

 

憮然として答える上の娘。

 

 

 

いやいや、

本文読めるとか読めないとかの

問題ではないのですよ。

 

 

 

そもそも、

紅白歌合戦のコンセプトを

知らんかったんか、

っつーハナシですよ。

 

 

 

 

 

 

これまでの15年、

彼女の「天然っぷり」には癒されるばかりでしたが、

ここに来てこの発言、

少し将来に不安を覚える母でございました。

 

 

 

しっかりしてよ〜、ホント(涙)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

at 14:16, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

5年目のコンクール



うちの娘たちがピアノコンクールに出るようになってこれで5年目。





・・・あ、この先はほぼ私の愚痴です。


読み進められる方は
その辺をご理解の上おつきあいください。





毎年コンクールの時期が近づくにつれ気が重くなる母ですが
今年は今までの中で一番気が重いと言っても過言ではありません。


それはなぜかって?


答えはカンタン。



曲の完成度が低いから


特にソロについてはそれが顕著です。


しかも二人とも。


デュオ(連弾)はまだマシです。


二人の仲が険悪なだけで。


(それもどーかと思うが)


ソロはハッキリ言って
娘たちのピアノの技術が
課題曲の難易度に追っ付いてない。


それなのに二人して「出る」って言うから
「じゃあ出れば」ってことで出ることにしたけど



はぁぁぁ〜、後悔。



ていうか、明日本番なんですけど〜。


マクド食べてグウタラしてる姉妹を見ると
怒りを通り越して泣けてきます。





それでも毎年出続けることに意義があるのか




はたまた、ただのお金のムダ遣いなのか




その答えを明日見つけようと思います。




ま、とりあえず5年間の軌跡を可視化したのがコレ。











そろそろドレス屋ができるな。




それから









靴屋もね。









 
続きを読む >>

at 13:18, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

怒れる天然


「うちの天然」こと上の娘もはや中学生。


人並みに思春期と反抗期を迎え、
日々何かしらに怒りを覚えるご様子。


姉妹の部屋の妹ゾーンが汚いだの
(確かに汚い)
お母さんが自分のカバン買い過ぎだの
(確かに買いすぎた、だって安かったからね)
お父さんがウザいだの
(そこはもう少し具体的に)


とにかく何かにつけて怒りをぶちまけておいでです。


そして今日一番の怒りのポイント。


夕飯時に妹(小5)が話した自然学校での出来事。


以下、妹の話をかいつまんでお話します。


・・・・・・・・・・・


自然学校での夕飯に「おでん」が出たそうな。
おでんの鍋は各班に1つ。
班のメンバーはみんなで6人。
おでんの鍋にはいろいろなおでん種が
6個ずつ入っていたそうな。
その中には牛すじの串も6本入っていたそうな。
そう、それは普通に考えて
「一人一本」。
ところが、彼女の班の一人の男の子が
「一人で三本」
食べてしまったそうな。


・・・・・・・・・・・・・



ハイ、ここで天然、大爆発。




「はぁ〜〜〜〜っっっ!!!???」


「意味分からん、その男子。」


「ムカつく!!!」


「普通”一人一本”てこと気がつくやろ」


「空気読め!!!」


「ありえへん!!!」





それはもう、尋常でない怒りです。


「フツーそこまで怒る!?」と
こっちが引くくらい怒ってます。





・・・ちなみに。


今日の晩ご飯はお父さんが作った牛スジ入り肉じゃが。







これがすごく美味しかった。


そして天然は牛スジが大好き。


きっと彼女の中で
こんな美味しい牛スジを食べられなかった子がいることが
我慢できなかったに違いありません。


だけど


それにしても



「そこまで怒る!?」





・・・あと、


あなたの大好物を作ってくれるお父さんを


「ウザい」


の一言で済ますのはやめてあげて。







 
続きを読む >>

at 21:57, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

今日の天然



珍しく連日アップです。


下の娘(小4)に負けじと
上の娘(小6)もネタを提供。



それではどうぞ、「今日の天然」。








 
続きを読む >>

at 23:38, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

翼をください



今、下の娘(小4)のクラスでは
朝の合唱で「翼をください」を歌っているそうです。


「翼をください」は中学の頃ピアノ伴奏をした思い出の曲。


娘が歌ってるのを聞いてあの頃を思い出し
懐かしさに浸っていました。





歌も2番にさしかかり、


♪子供のとき〜
      夢見たこと〜
今も同じ〜
       夢に見ている〜


と歌ったところで彼女が歌を止め
こう言い放ちました。







懐かしさも吹き飛ぶ夢のない一言。



・・・ちなみに


そんな彼女の夢はズバリ女優


この夢、本気で言ってるのか
それとも「子供の頃の夢」と割り切って言ってるのか・・・


どっちにしても
「私、どっかで子育て間違ったかな?」
と感じる今日この頃です。










 
続きを読む >>

at 01:59, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

今日の天然



「うちの天然」こと上の娘(小6)。


久々に出ました「今日の天然」。


 




青い海


白い波を立てて走る船


その周りを跳ね回るイルカの群れ






TVから流れるそんな光景を見ながら。








「わぁ〜、イルカせつないな〜。」








ん?
イルカがせつない?
どこが?





「ん?なんか違うなぁ〜
うーん、”せつない”じゃなくて・・・」






もしかしてだけど・・・
まさかとは思うけど・・・
”人なつっこい”?






「あ、そう、それ!”人なつっこい”や!」








”人なつっこい”がどこをどう間違えたら”せつない”になるのか・・・


まだまだ健在、うちの天然でした。











at 00:00, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

本選まであと5日



うちの娘たちが
ピアノの連弾で奇跡的に予選を通過してから
はや半月。


次の地区本選まで
残すところあと5日です。







本選出場が決まってすぐに
課題曲に取り組みはじめ、
いちおう人前で披露できる程度には
弾けるようになりました。






・・・が、






正直、母は不安でいっぱいです。





というのも、
今回出場するのは



「一人は中学生以下、
もう一人は年齢制限なし」



というクラス。



ということは、
中には「中学生&高校生」や「中学生&大人」
なんていうペアもいるワケです。



そんな中、
「小6&小4」といううちの娘たちは
出場ペアの中でもかなり幼い部類に入るはず。



しかも、
年齢のみならず
容姿・中味・ピアノの技術
どれをどれをとっても”幼い”という悲しい事実。




娘たちがかなり場違いに見えるのではないかと心配なのです。








私が特に心配するのが下の娘。






本選出場が決まった日、
浮かれまくる下の娘に




「あんた、これからが大変なの分かってんの!?」




と聞いた私に彼女が言い放った言葉がコレ。




・・・これだもの。




世の中を完全になめてるんだもの。




こちらの心配などお構いナシ。




どんな状況に置かれても
決して必死にならない彼女には
私の親心はいつまでたっても
届かないことでしょう。








まあ、何にしろあと5日。



今のところまだ練習で泣いていない下の娘。



そろそろ泣かしにかかろうと
心に誓う母でした。













at 20:42, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

今年もピアノの季節がやってきました



今年もピアノの季節がやってきました。


あ、普通ピアノに季節は関係ありませんが(そりゃそうだ)、
年に1回コンクールに挑戦する我が家の娘たちにとって
夏休み前のこの時期は1年の中で最もピアノをたくさん弾く時期なのです。






毎回やる気満々で努力家の姉(小6)と
毎回やる気ゼロで気まぐれ屋の妹(小4)。






そんな二人を褒めたりおだてたり励ましたり


すいません、ウソです。


ホントは怒ったり罵ったりどついたりしながら、
毎日ピアノに向かわせてきました。






そして今日がコンクール本番。






今年は一人一人で出場するソロの演奏と
二人で出場するデュオ(連弾)の演奏の
計3部門に出場しました。





昨年初めてソロで予選を通過した姉は
今年もソロでの予選通過と本選での入賞が目標。



毎年ソロではガチガチに緊張してミスを連発する妹は
今年こそ緊張せず普段の演奏をすることが目標。



デュオは今年はランクを上げての挑戦となるため、
出場者はかなりのピアノ上級者ばかり。



なので予選通過など夢のまた夢、
今年はとにかく経験を積むことが一番の目標です。






・・・のはずだったんですが



結果は




まさかまさかのデュオの予選通過。


彼女達の演奏のどこが良かったのかさっぱり分かりませんが(ひどい)、
とにもかくにも8月にある地区本選にコマを進めました。




で、妹のソロはというと、
自分の前に演奏した子が自分以上にガチガチに緊張してミスを連発してるのを見て
「なんや、私の方が全然上手いやん」とリラックスして弾いた結果、
予選通過とまではいかないまでも奨励賞をいただくことができました。




そして・・・



一番予選通過が手堅いと思われた姉のソロでしたが・・・



彼女の演奏自体は悪くなかったのですが
普段の演奏に比べ伸びやかさがなく、
他の出場者のレベルが高かったこともあって、
予選通過はおろか奨励賞にも引っかかりませんでした。



本人曰く、
「一回賞を取ってから緊張するようになった」と。




う〜ん、小6にして「欲」の怖さを経験するとは・・・。








コンクール終了後
今まで姉より良い結果だったことがない妹が
姉の神経を逆撫でするような発言を連発。


「予選通過できなかったのは残念だったけど、何も賞がないよりはマシでしょ?」


「私は今日は緊張せずに弾けたよ。お姉ちゃんは?」




と、どこまでも姉を怒らせたい妹。


そんな挑発に乗るものかと
ひたすら無視を決め込む姉。





あの〜、お取り込み中すみませんが。





明日からデュオの本選に向けて
仲良く練習に励まないといけないんですけど・・・。








我が家の暑いピアノの季節はまだもう少し続きそです!













at 22:28, e da maruim, 子供のこと

comments(2), trackbacks(0), - -

天然とパート



私が仕事(パート)を始めてはや半年。


毎日がバタバタと過ぎていき、気がつけばもう年の瀬。


今日が年内最後の出勤でした。







年の瀬が近づくにつれ仕事が一段落し
長期の休みに入るパートさんが多い中、
むしろ仕事が増えてるような気がする私。


最終日の今日も19:00まで仕事をしてきました。


(ちなみに定時は14:00時)







疲れ果てて帰った私に
上の娘(天然)がそっと手渡してくれた一枚の絵。
















そして優しい思いやりの一言。





「これを机に貼っておけば早く帰らせてもらえるかもよ。」







うん、うん、そうだね・・・ってそんなワケあるかぁ〜!!







彼女の中の”パート像”って一体・・・。













at 23:37, e da maruim, 子供のこと

comments(0), trackbacks(0), - -